Japan Sports Coaching Association

ビジョン・ミッション

  • HOME »
  • ビジョン・ミッション

ビジョン

東京オリンピック2020のすべての競技で
そのコーチにコーチがついている

スポーツ指導者の地位が確立され
スポーツの指導経験者の社会的信用と信頼が確立されている
そして、ビジネスの世界でも結果を残し
高い報酬を得ている

スポーツの世界に
スポーツコーチングが浸透し
スポーツコーチング資格認定者から指導を受けた子どもたちが
スポーツに限らずあらゆる分野で活躍している

真の文武両道
心技体と頭脳
強い個人と強いチームワークの実現

スポーツは、世界を変える力がある。

これが、私たちの目指すビジョンです。

私たちのミッション

人が人から学ぶということ
人が人を育てるということ
人が自分でも驚くほどの可能性を発揮するということ
そして、その先にある真の成長と、自己実現の本質が
スポーツの世界にはあります。

勝つことだけが唯一の目的とされる現代のスポーツ界に
一石を投じたい
そんな思を描いた二人のコーチによって
この協会は設立されました。

スポーツ指導とコーチングを融合して
人の可能性はどれだけ伸びるのか
人にはどれほどの可能性があるのか
ゴールを目指すことで、必ずしも夢は叶わなかったとしても
その道のりで、人はどれだけ成長できるのか
想像を超える勝利は、なぜ手にできるのか
その答えを追及するのが
私たちのミッションです。

スポーツに関わることが、きっと人生で役に立つ。
それを具現化する
それがスポーツコーチングです。

選手としてプレーすることで
選手を指導することで
自分を自由に表現する技と
健康で柔軟な身体と
人を思いやる広い心と
自ら答えを導き出せる明晰な頭脳
そして、いかなる困難をも乗り越えていける強い精神
を手にする。
それは、人生を生きていく上できっと役に立つ
価値ある人になる

スポーツを通じて
成果をあげながら、人を育むすべての人へ
それを伝え、届ける、育成する
そして、その先にいる子どもたちの目が輝きを増す。

ここに、私たちの存在意義はあります。

協会の目的

第4条 本会は、スポーツ指導者とコーチ等の育成とスポーツコーチングの諸技法の進歩と普及を図り、スポーツ指導者とコーチの資質と社会的・経済的地位の向上を図り、スポーツを通じて社会の健全な発展に資することを目的とする。

協会の事業

第5条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)スポーツコーチング事業
(2)スポーツコーチの養成、試験の実施及び資格認定事業
(3)スポーツコーチングに関する調査、研究及び成果の発表
(4)スポーツコーチ紹介事業
(5)スポーツコーチングに関する相談及びその普及・啓発
(6)スポーツコーチングに対する研修、指導及び援助
(7)セミナー・イベント事業
(8)地域活動支援事業
(9)スポーツコーチその他求職者に係る無料及び有料の職業紹介
(10)スポーツコーチングに関する専門家の派遣
(11)スポーツコーチングに関する教材・各種ツール等の開発・販売
(13)スポーツコーチング普及のための広報活動
(14)機関誌、資料等の刊行、配布
(15)関係機関、団体等との連絡及び協力
(16)その他本会の目的を達成するために必要な事項

一般社団法人日本スポーツコーチング協会 定款より

PAGETOP