「スポーツコーチングってなんだろう」
「スポーツコーチングってどんな種類があるんだろう」

このようなことを解決するために、本記事では以下のような内容を紹介しています。

☑ 本記事の内容

  • 「コーチング」とは
  • 「スポーツコーチング」とは
  • スポーツコーチングの種類

スポーツコーチングについて詳しく知りたい人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

また、スポーツコーチング本が無料でゲットできるキャンペーンを実施しているので、そちらも要チェックですよ。

そもそも「コーチング」とは

コーチングしている

コーチングとは、思考を刺激してクライアントが秘めている能力や可能性を最大化させることを言います。

主に、コーチが高度なコミュニケーション能力を使ってクライアントを支援し、価値を上げていきます。

【コーチの定義】

クライアントを見守りそばに居てくれる、そんな安心して目的に走り続けられるような存在

そんなコーチングは、「ゴール(目標)を達成することが目的」と思っている人が多いかもしれませんが、それは勘違いです。

コーチングの目的は、クライアントに柔軟な思考と行動力を促すところにあります。

あくまで、コーチングで定めている目標は「道具」として利用しているに過ぎないのです。

 

様々なコーチングが存在する

コーチングには、スポーツコーチング以外にも以下のような様々なものが存在します。

  • ビジネスコーチング
  • スクールコーチング
  • ヘルスコーチング

それぞれのコーチングでは、場所や相手といった関係性が違っています。

例えば、「スクールコーチング」と「スポーツコーチング」の場所や相手は、このようになっています。

コーチングの場所や相手
  場所 相手
クライアント コーチ
「スクールコーチング」 学校 生徒 教師、先生
「スポーツコーチング」 スポーツクラブなど スポーツ選手 監督、指導者

ただ、コーチングとしてやっていること自体は基本的に同じです。

ここでは、「コーチング対象によって場所や相手が違う」ということを覚えておきましょう。

 

「コーチング」に似た言葉

コーチング以外に、以下のような似た言葉があります。

  • ティーチング:知らないことを1から教えること
  • トレーニング:技術を身に付けさせること
  • カウンセリング:心の問題を解決すること
  • コンサルティング:当事者が抱える問題の解決策を提示すること

言葉や内容は似ていますが、実際には全く違うことをしています。

コーチングのプロは、これらをしっかり区別した上で目的達成のために行動しているのです。

コーチングとゴチャゴチャにならないように、十分注意しましょう。

 

「スポーツコーチング」とは

スポーツコーチングをしている

スポーツコーチングとは、スポーツの現場において選手を支援するコーチのことを言います。

コーチは指示や命令を基本的にせず、選手を主体として目的を達成させます。

スポーツを通じて、悔しさたツラさ、達成感といった「人生に必要なこと」を選手に学ばせることができます。

 

スポーツコーチングをする目的

スポーツコーチングをする目的は、スポーツを通じて社会で役に立つ人材を育てることにあります。

つまりは、「社会を引っ張っていくリーダーのような人材に育てる」ということ。

社会で役に立つ人材とは、主に以下のような人のことを指しています。

「社会で役に立つ人材」とは

  • 自ら「考える」人
  • 自ら「答えを導き出す」人
  • 自ら「判断する」人
  • 自ら「責任を持って行動できる」人

また、このような人材の育成ができるのはスポーツコーチングのみ。

社会で役に立つ人材を育てるという観点ではティーチングやトレーニングなどよりコーチングがベストです。

 

今までの指導方法とスポーツコーチングの違い

今までの指導方法とスポーツコーチングの違いは、主に以下の通りです。

今までの指導方法とスポーツコーチングの違い
  今までの指導方法 スポーツコーチング
選手との関係 上下関係 提携関係
指導対応 選手に指導内容を強制させる 選手にあった指導内容を開発する
直接方法 ひたすら反復練習 コミュニケーションを利用する
目的 強い選手を育てること 社会で役に立つ人材を育てること
主体 監督主体 選手主体

上記の表から、今までの指導方法とスポーツコーチングが全然違うことが分かります。

特に違うところが「選手との関係性」です。

スポーツコーチングには上下関係がなく、選手と対等な関係で育成していきます。

これにより、選手が主体的に行動し、社会で役に立つ人材に育っていくのです。

 

スポーツコーチングを通じて目指しているビジョン

ビジョンを示している

  • 引退後でも活躍できる人を増やして社会を明るくする
  • スポーツが盛んな日常にする
  • スポーツコーチングの社会的価値を高める

スポーツコーチングを通じて目指しているビジョン、主に上記の3つです。

現在スポーツコーチングのプロたちは、これらのビジョンを目指して日々奮闘しています。

「スポーツコーチングで学んだことを活かして、未来を引っ張っていく人材が増えてくれれば」と思っています。

 

スポーツコーチングに関する指導書を完全無料でゲットしよう

今なら、日本スポーツコーチング協会のメルマガに登録するだけで上記のスポーツコーチング本をゲットできます。

それに加えてメルマガでは、スポーツコーチングのプロが自身の考えやノウハウを無料で教えてくれます。

かなりお得なキャンペーンなので、この機会にぜひ登録してスポーツコーチングについて深く学びましょう。

まとめ

今回は、「スポーツコーチングとは」というテーマについて紹介しました。

本記事の内容で、少しでもスポーツコーチングについて理解できたのではないでしょうか。

これからの社会のためにも、もっとスポーツコーチングについて興味を持っていただければと思います。

詳しく学ぶためにも、メルマガに登録してスポーツコーチングに関する指導書をゲットしましょう。